アクセスランキング
RSS表示パーツ

2012年11月03日

【衝撃事実】2014年チョコレートは消滅します

1: マンクス(埼玉県) 2012/11/02(金) 13:04:08.49 ID:G0NFytDzP BE:1211632872-PLT(12000) ポイント特典

2014年、チョコレートの危機が訪れる

サステイナブルなカカオの貯蔵がなくなる危機にある。しかし、生産を支援するグローバルな投資によって、
崩壊の前に介入することは可能だ。どのようなことが起きているのだろうか?

この数カ月、ある予言が世界のチョコレート業者の間で広まっている。2014年には、世界のサステイナブルな
カカオの貯蔵が尽きるかもしれないのだ。

もちろん、いまのところチョコレートが、これから2年で店の棚から完全に姿を消す運命にあるということではない。
しかし、カカオの価格は急速に上昇するだろう。そしてチョコレート好きの人々は、体重増加への罪悪感とともに、
公正でなくサステイナブルではない製品を買う罪悪感ももたねばならないだろう。

危機の主要な原因は、10年から11年にコートジボワールで起きた内戦にある。その影響は、世界のサステイナブルな
在庫の総計の40%を生み出している地域のカカオ産業を麻痺させてしまった。

この国の状況が改善したことで、14年の予言は避けられるかもしれないが、間違いなく生産活動が損失を回復するには
長い時間がかかると考えられる。

第2の要因には、需要と供給のダイナミズムが関係している。11年11月、世界のチョコレート製品の売り上げは、
初めて1,000億ドルを超えた。カカオの消費は常に増加していて、すぐに世界の生産能力を超えて貯蔵を消費し尽くすだろう。

世界カカオ財団(World Cocoa Foundation)のデータによれば、生産は逆に減少している。10〜11年に17%増加したのち、
11〜12年には398万tのカカオが生産されたが、前期と比べて5%減少した。この分野には世界に550万人の労働者がいて、
そのうちサステイナビリティの認証を得たカカオ栽培のために働いているのは、10%に過ぎない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121102-00000302-wired-int








2: ボルネオウンピョウ(北海道) 2012/11/02(金) 13:05:29.83 ID:ytwtZlX60

バレンタイン前に消滅して!!


3: セルカークレックス(千葉県) 2012/11/02(金) 13:05:54.80 ID:jCKa4hc40

サステイナブルサステイナブルやかましいわ


5: ライオン(新疆ウイグル自治区) 2012/11/02(金) 13:08:01.55 ID:uS6wTFt+0

>>3
サステイナボゥ


61: サバトラ(鹿児島県) 2012/11/02(金) 21:59:21.58 ID:J9HxcuER0

>>5
うるせぇよwww


9: ヨーロッパヤマネコ(会社) 2012/11/02(金) 13:12:52.09 ID:5XWwFuAY0

また準チョコレート菓子が増えるのか、胸熱だなw


11: エキゾチックショートヘア(大阪府) 2012/11/02(金) 13:14:43.59 ID:mIwGJj1G0

キノコの山とタケノコの里も消える
争いはこの世から無くなる
歓喜の声を上げろクソ共


posted by まとめじょうず at 09:00 | Comment(0) | レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。